顔面痙攣について

顔面痙攣は、自分の意思に関係なく顔の一部が痙攣する病気で、顔の片側のみで起こることが多いため片側顔面痙攣と呼ばれることもあります。
脳の深部で血管が顔面神経に接触し、神経を圧迫することが主な原因とされていますが、稀に腫瘍によって顔面神経が圧迫されることで発症するケースもあります。

顔面痙攣の症状と原因

顔面痙攣は、顔面痙攣は緊張やストレス、疲労、カフェインの摂取などによって誘発されやすいという特徴があり、目の周辺から痙攣が始まって徐々に口元へと広がっていくケースが多いです。

初期段階では、疲れなどによってまぶたがピクピクと動く症状と見分けがつかないケースもありますが、症状が進行すると顎下の筋肉まで痙攣するようになります。
発生頻度に関しても、初期段階は疲れがたまった際に発生する程度ですが、進行するにつれて高頻度で発生するようになります。
痙攣が続く時間も長くなっていき、やがて一日中起こったり、就寝中に起こったりするようになるケースも少なくありません。

また、重症化した場合、目の周辺や口の周辺の痙攣が同時に発生して、表情がゆがむこともあります。
以上が顔面痙攣の主な原因と症状となりますが、顔面痙攣は軽症であれば自然に治ってしまうこともあります。

しかし、痙攣が発生する部位が拡大した場合、自然治癒の可能性は低いので適切な治療を受けることが大切です。

顔面痙攣でお悩みの方は当院にお任せください

顔面痙攣の根本的な原因は、患者様のカラダによって異なりますが、主に骨盤・骨格の歪み、体を支える筋肉(インナーマッスル)の低下に対して施術することで根本から改善することができます。
少しでも気になる症状があったら悪化する前に当院にご相談ください。