顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺は突発性麻痺のベル麻痺の割合が多く、原因と症状はウイルス感染や自己免疫疾患により、顔半分に麻痺があらわれます。

顔面神経麻痺の症状と原因

ベル麻痺は第7脳神経の顔面神経の機能不全が切っ掛けで、顔の片側に筋力低下や麻痺の症状が出るのが特徴です。
顔面神経は顔の表情を変えたり、唾液腺と涙腺の刺激や舌前方の味覚を感じる為の役割を担っています。

また聴覚にも関わる神経ですから、顔面神経麻痺が生じると表情がぎこちなくなったり、生活に支障が出ることになります。
ただ、原因が特定できないケースもあって、循環障害を原因とする神経の腫れが症状を引き起こすこともあります。

ウイルス感染ではヘルペスウイルスが引き起こす神経炎が多い傾向で、中耳炎から神経炎に発展したり、耳下腺の悪性腫瘍も原因になります。
しかしウイルス感染以外が原因になる顔面神経麻痺はそれほど多くはなく、顔面神経麻痺の診断ではやはり最初に感染症を疑います。

顔面神経麻痺でお悩みの方は当院にお任せください

顔面神経麻痺は、難治性を除けば薬で治療できる場合が多いです。我慢したり先送りにすると症状が悪化する可能性がありますので、早期の治療をお勧めしています。

葛西橋りゅうせい接骨院では症状の根本改善を行い、再発しない身体作りのお手伝いをいたします。症状が長引いている方、表情に違和感が生じたらお気軽にご相談ください。
スタッフ一同お待ちしております。