突き指

  • スポーツや運動中に指をぶつけてしまった
  • 指が痛くて曲げ伸ばしができない
  • 指が腫れている

もう大丈夫です!当院には、突き指でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

突き指は指をぶつけたり、ボールなどを手に当ててしまった時に指の靭帯を痛めてしまったり、指の関節を捻挫してしまった状態です。

「突き指」と聞くと軽いケガと思われがちですが、中には骨折や脱臼を伴うものもあります。

そのまま放っておくと、指を伸ばすことができなくなってしまったり、変形を起こしてしまう恐れもあります。

ですので、「たかが突き指」などと軽く考えず、後遺症や再発を防ぐためにも、できるだけ早期の対応をお勧めします。

もしあなたが突き指でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

突き指とは

壁やとんできたボールに指がぶつかった際に、指の関節や靭帯を痛めてしまった状態です。

「突き指をしたら、引っ張れば治る」と言われることもありますが、

突き指は、引っ張ってはいけません。悪化してしまうことがあります。

関節の周りには、指が変な方向に曲がらないように支えている靭帯があります。

指を引っ張ってしまうと、痛めた靭帯にさらに負担をかけてしまいます。

突き指をした際には、安静にしてアイシングをすることをお勧めします。

当院での突き指に対するアプローチ

突き指で大事なのは、

靭帯が断裂していないか

骨折が併発していないか

脱臼していないか

以上3点です。適切な処置をせずにいると、指に違和感が残ったり、曲げ伸ばしがしづらくなってしまうことがあります。

骨折、脱臼などが疑われる際には、当院では整形外科と連携を取り治療をしていきます。

炎症が強い時期にはテーピングやギプスによる固定関節の周りの組織を柔軟にすることで

指を正常に曲げ伸ばしできるように治療を行います。

もしあなたが突き指でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。

患者様の声

Q.どのような症状でお悩みでしたか?

A.体中のあちこちを痛めていたので、膝の怪我をしたのをきっかけに全部治せたらと思っていた

Q.多くの院がある中で当院を選んだ「決め手」は何ですか?

A.通り道にあって通いやすいと思った。

Q.施術を受けてどのような変化がありましたか?

A.基本根本治療なので時間はかかりますが確実に緩和します。

Q.同じような症状で悩んでいる方へ一言お願いします。

A.確実に痛みは緩和しますので、一度来院してみるといいですよ。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。