オスグッドシュラッター病

  • 屈伸をするときに膝が痛い
  • 走るときに膝が痛い
  • 膝のお皿の下が腫れている
  • 膝が痛くて正座ができない

当院には、オスグッドシュラッター病でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

オスグッドシュラッター病はオーバーユース(いわゆる使いすぎ症候群)と太ももの前側の筋肉の柔軟性の低下により発生します。

太ももの前側にある筋肉(大腿四頭筋)は、膝のお皿の下に付いています。

スポーツなどにより、膝の屈伸を繰り返すことでこの筋肉の付着している部分に負担がかかり炎症が起きて痛みが出てしまいます。

運動している時に痛みが出ることはもちろん、適切な処置をせずに放っておくと痛みが増してしまったり、筋肉の付着している骨の隆起(出っ張り)部が剥がれて骨折してしまう恐れもあります。

オスグットシュラッター病の原因

オスグッドシュラッター病の原因としては、子供の成長期に太ももの筋肉が膝の関節を繰り返し引っ張ることで負荷がかかり、軟骨がはがれることだと言われています。

小学生や中学生などの成長期の子供に多いスポーツ障害の1つです。

骨の成長に筋肉の柔軟性が追いついていけず骨が筋肉に引っ張られて起きる病気です。

・運動をする事が多い。

・十分な休みを取れていない。

・太ももの前の筋肉が硬い。

上記に1つでも当てはまる場合は疲れがたまりやすくオズグッドシュラッター病になりやすいです。

当院がオスグッドシュラッター病改善に際して大切にしていること

葛西橋りゅうせい接骨院では、オスグッドシュラッター病の改善にあたり「早期に適切な処置をすること」「太もも前側の筋肉の柔軟性の改善」を大切にしています。

まずは早期に適切な処置を行い、炎症症状を取り除いていきます。

オスグッドシュラッター病は、大腿四頭筋の柔軟性が低下し負担がかかることで発生します。

大腿四頭筋の柔軟性の低下は、足のバランスが崩れたり・姿勢不良など様々な原因が考えられます。

そこを改善しないことには、症状が治まっても一時的なもので、やがて再発してしまう可能性が非常に高いです。

したがって当院では、症状が軽減したら、姿勢改善や筋肉の柔軟性の改善のための施術・指導に力を入れています。

私たちは、原因を解消し、再発しにくい身体づくりをサポートするところまでが真の改善に不可欠だと考えています。

電話番号:03-5605-6878

受付時間
月~金 9:30~13:00/15:30~21:00
土・日・祝日 9:00~15:30

LINEからのご予約はこちら(24時間受付中)

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

あなたは今までオスグッドシュラッター病に対してどのような処置を行ってきましたか?

一般的に整形外科では、問診の後でレントゲン検査を行います。そして、そのレントゲンを基に骨の異常の有無などを確認した後、電気治療、湿布や痛み止めの処方で終わることが多いようです。

その場合いずれも痛みが引くことを目的としており、原因の解消というところまでは対応されないことがほとんどのようです。

他の接骨院や整体院では、マッサージで筋肉をほぐすことが多いようです。

軽い症状の場合、整形外科や一般的な接骨院(整骨院)などでオスグッドシュラッター病が改善される場合もありますが、実際には、

マッサージを受けるとその時は楽になるが、すぐに元に戻るので終わりが見えない

長い間通院しても症状が改善しない

先生の詳しい説明がなく、今の自分の身体の状態がわからず不安になった

と悩まれている方も多くいらっしゃいます。

当院でのオスグッドシュラッター病に対するアプローチ

葛西橋りゅうせい接骨院では、オスグッドシュラッター病の原因を「筋肉の柔軟性の低下」と「姿勢不良」だと考えています。

したがって、施術にあたっては、痛みやケガで硬くなった組織を柔軟にし、姿勢の歪みを矯正することで身体を本来の良い状態に回復させることを大切にしています。

さらに、身体が整ったら、その良い状態を維持するために筋力トレーニングを行います。

筋力トレーニングは機械を使ってお気軽にトレーニングをする方法から、自分で頑張ってトレーニングする方法まで選ぶことで患者様のニーズに合わせています。

このように、原因に対して徹底的にアプローチをかけることで、痛みを繰り返しにくい身体づくりを一緒に目指していきたいと考えています。

もしあなたがでお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。

オスグッドシュラッター病に関する関連記事