足底腱膜炎

  • 朝起きて最初に立ち上がった時に、足裏が痛い
  • 歩くと痛みが出る
  • 足裏(かかとから土踏まずにかけて)指で押すと痛い
  • 痛みがなかなか取れない
  • マッサージをするとその時は少し楽になるが、すぐ痛みが戻ってしまう

もう大丈夫です!当院には、足底腱膜炎でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

足底腱膜炎は、放っておいて自然に良くなることは少なく、それどころか症状がますますひどくなる可能性が高いです。

また、痛みがある足をかばって生活を続けるうちに、もう片方の足、さらには膝や腰など他の場所にも過度な負荷が掛かり、痛みやしびれなどが広がってしまうことも珍しくありません。

「そのうち治るだろう」と軽く考えず、日常生活に大きな支障をきたす前にぜひ早めの対応をお勧めします。

もしあなたが足底腱膜炎でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

足底腱膜炎とは

足の裏側にある「足底腱膜」という膜の炎症です。

かかとや足の裏にかけて痛みが出現します。

朝ベットから降りて足の裏に体重が乗った瞬間に激痛が発生したり、長時間歩行や立位をを繰り返しているとジンジンとした痛みが出てきます

仕事や家事などでやむを得ず歩かなければならない場合が多い現代社会で多くの方が悩んでいる疾患です。

足底腱膜炎の原因

体重の増加、クッション性の低い靴、偏平足、足の指の機能低下、猫背、重心のずれ、ふくらはぎの硬さ、ランニングの疲労などなど

様々な原因で発生します。

共通しているのは、「足裏のアーチ」に負荷がかかりすぎると発症してしまうという点です。

再発のリスクも高く、しっかりと根本的な原因に対して向き合う必要があります。

当院が足底腱膜炎の改善に際して大切にしている事

葛西橋りゅうせい接骨院では、足底腱膜炎の改善にあたり、「早期に痛みを取り除くこと」「崩れた足のアーチを回復させること」の2点を大切にしています。

まず、早期の痛みの改善が大切な理由は、前述したように、足の痛みを放置すればするほど、他の場所の筋肉や関節にも過剰な負担が掛かってしまう為、それによって症状が広がるのを防ぐ必要があるからです。

そして、足のアーチの重要性ですが、正常に保たれた足裏アーチは、体重を支え、地面からの衝撃を吸収するクッションの役割を果たしています。
何らかの原因でこのアーチが崩れてしまうと、足底腱膜炎をはじめとする足の痛みやしびれといった症状につながります。
ですので、本来の足のアーチを取り戻してそれを維持することで足への負担を軽減し、痛みの再発を防ぐことが大切なのです。

当院では、症状の進行を食い止めるのはもちろん、足のアーチ回復を重視した施術で、あなたがこの先もずっと快適に過ごせる健康な足を取り戻すためのサポートに努めます。

電話番号:03-5605-6878

受付時間
月~金 9:30~13:00/15:30~21:00
土・日・祝日 9:00~15:30

LINEからのご予約はこちら(24時間受付中)

ネット予約も24時間受付中。ネットで予約・問い合わせする

あなたは今まで足底腱膜炎に対して、どのような処置を行ってきましたか?

整形外科では、湿布や電気治療で痛みを抑える対応をするのが一般的かと思います。

他の接骨院や整体院では、電気を流したりマッサージをしたりすることが多いようです。

軽い症状の場合、整形外科や一般的な整骨院などで足底腱膜炎が改善される場合もありますが、実際には、

痛みがあまり取れなかった
長く通院してもなかなか症状が改善しない
症状の原因の説明もなく、不安になった

と悩まれている方も多いようです。

当院での足底腱膜炎に対するアプローチ

葛西橋りゅうせい接骨院では、足底腱膜炎の原因を「足のアーチの崩れ」と、「それにより足に掛かる過剰な負荷」だと考えています。

足底腱膜炎では、今の足の形状と足にどれくらいの負荷が掛かっているかが重要になります。
まずは痛みやしびれなどの症状を和らげるため、整体やマッサージ、超音波などを組み合わせた施術で患部にアプローチします。

次に、足のアーチを回復させるためのエクササイズやストレッチ指導を行います。
足のアーチが崩れる原因は、人によって様々です。
当院では、原因を的確に見極め、靴のアドバイス(クッションが効いて正常な土踏まずを作るサポートができる靴がお勧めです)をしたり、姿勢の乱れがある場合には姿勢矯正施術も行って足の負担を軽減したりなど、あなたに最適な施術・指導を行っていきます。

もしあなたが足底腱膜炎でお悩みなら、一人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。